会社概要求人情報プライバシーポリシーサイトポリシー
トップお問い合わせブランドリストショップリスト
ボタンホール
2011.08.22

最近、管総理大臣が好んで着用しているボタンダウンシャツをご覧になっている方も多いことと思う!?

前立ても含めすべてのボタンホールの周りを糸で配色してあるアレ


エコやクールビズでネクタイ着用が不必要になったからといって、あのような、シャツに対する冒涜のようなデザインはファッション屋として許せないし、気持ち悪いとまで言ってしまおう。

本来、趣味趣向なんてのは本人の勝手だし他人から揶揄されるべき筋合いのものではないことと理解しつつも、あの配色ボタンホールシャツだけは許せない。
だってカッコ悪いもん!!


だいたい政治家なんてのは勉強漬け?でいろんな意味で余裕がなかったからファッション感覚がゼロに近い人が多いわけで、無理にオシャレに見せようとか考えない方が良い。
(唯一シャツ選びが上手だったのは武部勤さん、シンプルなシャツをキレイに着こなしていた)


思わず苦笑してしまったのは、これも夏物で阿部さんや鳩山さんが首相のころ着てた東南アジアのオッサンが好んで着るようなセミロングオーバーサイズのプリントシャツ、、、。


政治家の皆さん、オシャレに見せたいのなら奥さまのセンスに頼るよりもスタイリストに委ねてみてください。


ちなみにイタリアの国会議員は夏でもネクタイ着用でカッコいいです。
カッコで政治するわけではありませんが、あのエアコンの効きの悪そうな議事堂でご苦労さまと言いたくなります。
オトコに必要なのはちょっとした我慢です。


と、とりとめもないことを書いていてヒョッと見たテレビ番組に勝俣州和君があのシャツを着て出ているではありませんか、、、。


やっぱ、日頃からヘンテコリンなセンスの人が選んじゃうんだなぁ、、、と感心した次第。


One of the best point for car mania!
2011.08.20

スゴイ車を数多く見れる場所は世界中にあるだろう。


ぼくの知る限りではニューヨークの5thアヴェニューの35〜59丁目あたりは世界の名車のあたかも展示場のようだし、ロスはロデオドライブだって負けてはいない。


パリのジョルジュサンクやミラノのモンテナポレオーネも相当なもんだが、先述よりもちょっと見劣りする。


で、ぼくの一番のお気に入りはここ、モナコのセンター。


L1005034.jpg


オテルドパリ前の広場だ。
隣接するバールでしばし鑑賞、、、。


アストンや、、、


L1005008.jpg


コーニッシュは普通に通り抜けて行くし、、、。


L1005011.jpg


フェラーリなんかはそこかしこに止まっている。

L1005053.jpg

L1160013.jpg

L1005018.jpg


L1160014.jpg


ホテルをチェックアウトしてきて乗り込むのはマゼラティグラントゥーリズモ。
こんなロケーションでこそサマになる車だ。


L1005086.jpg


そして極めつけはコレ!!

ロールスのファントム ドロップヘッドクーペ!!


L1005041.jpg

L1005062.jpg

こんな高価な車がオープンのまんま、何気なく止められている。


車ってロケーションやシチュエーションで、そのたたずまいや雰囲気が異なって見えるが、モナコこそが名車が最も映える街なんじゃないかとぼくは思う。

ふたつのそば屋。
2011.08.20

どんなジャンルの食べ物にも名店と言われる店がある。
夏休みを利用して行ってみた。

そのそば屋は東の横綱とも謳われる信州は小布施の名店「せきざわ」。


期待を胸に緑の小径を通って入り口へ、、、。

L1170210.jpg

メニューはこんな。

L1170211.jpg


漬け物は一見うまそうだが、ごく普通。


L1170215.jpg


肝心のそばは何種類かいただいてみたのだが、なんの感動もなかった。


L1170217.jpg

そばそのものは洗練されているのだが野趣を全く感じないし、そばつゆが平凡すぎてつまらない。
評価される方々が多数いらっしゃるので、きっとぼくの舌の修行が足りないに違いないのだが、やはり味覚は十人十色。

ぼくは濃くて甘めでダシが聞いているそばつゆが好みだ。


もう一方、入るのが少々ためらわれるようなたたずまいのそのそば屋は同じ信州は中野市の「きたざわ」。
ナビを頼りに出向いたのだが、道中ちょっと不安になるほどの山村に位置する。

L1130567.jpg


内装はそっけないし昭和の食堂のたたずまい。
大丈夫なのかなぁ、、とちょっと不安、、、。


L1130572.jpg

L1130570.jpg


だがしか〜〜〜し!!
帰りに無理を言って分けていただいたこのサービスで供される漬け物の、素朴だがおいしいこと!!!


L1130571.jpg


そばは野性味たっぷり、香りも食感もぼくにはベスト!!
つゆの具合もパーフェクト!!(左党の方には甘いかも?)


L1130579.jpg


ネットでさまざまな食べ物屋さんの評価を見ることができる便利な世の中になったものだが、食べ物はやっぱり自分自身の味覚で判断することが好ましいとつくづく思ったのである。

韓流番組
2011.08.18

韓流番組が電波を独占してるって書いて高岡クンが責められている。

こんな不景気な中、民放各局も番組構成には苦労してるんだと思う。


でもテレビ好きのぼくが思うには、韓流番組よりも通販番組の多さに辟易している。

電波の私物化は禁じられているのに、これでは民放の経営維持のための私物化に近いと思う。


このままいくと、民放各局がすべて通販専門チャンネルになっちゃいそうで心配だぁ、、、!

高校野球
2011.08.16

日本人の夏とは切っても切れない夏の風物詩「高校野球」が真っ盛りだ。

いつものことながら我が北陸地方のチームは散り去ってしまったけれど、彼らの真剣勝負は感動の嵐だ!


そんな大好きな高校野球だがひとつだけ気に入らないことがある。


あの校歌だ。


どの学校の校歌もあのメロディー、あのような歌詞、、、。


なぜそうなっちゃったかはぼくの知るところではないが、とうてい時代にマッチしているとは思えないし、歴史ある学校ならばまだしも設立間もないのにあのような校歌はチョット解せない。


大人になると脳みそが堅くなり、日本人特有のみんなと同じじゃないと心配になってしまうオリジナリティ軽視の悪い癖がこんなところにも露呈する。

伝統を守り続けることももちろん尊いことだが、個性を尊重することままた重要。


レゲェやラップぽい校歌もどうかと思うが、もう少し現代的な校歌があってもぼくはイイと思う。


大人のエゴを押し付けることが真の教育ではありません。

Copyright (C) acropolis co., ltd. All Rights Reserved.