会社概要求人情報プライバシーポリシーサイトポリシー
トップお問い合わせブランドリストショップリスト
闊歩NOW!
2011.06.30

今日は午前中からジバンシィ、ニナリッチ、ランヴァン、、、。


ただ今、アベニューモンテーニュを闊歩中!





















































昨日までの猛暑も一段落。
さわやかな風が気持ちイイ!




-- iPhoneから送信

うなぎ中
2011.06.29

ショールーム回りの途中、つい寄り道。
そしてうなぎなう。


image.jpeg


上から読んでも下から読んでも、うなぎなう。

iPhoneから送信

25日 土曜日
2011.06.29

午前中はPUCCI、夕方からはジャンバッティスタバッリ。

目一杯仕事をした充実感?と空腹の度合いは正比例する。


クリスティーナとコモ湖まで花火を見に行く前にしっかり腹ごしらえ。

前菜はタコのカタラーナと手前はジャンケッティというシラスのような小さな魚のフリット、大好物。


L1140632.jpg


ヨーロッパのサーモンのグレードは高い。
めちゃウマ!!


L1140638.jpg


これは名前は忘れたけど、サルデーニャ名物の薄く焼いたパリッパリのツマミ。


L1140634.jpg


これはイカのフライで、串に刺して揚げてある。
あまりのおいしさにおかわりをしてしまった。


L1140640.jpg


で、コレ!!
黒トリュフがこんなに惜しげもなくかけてあるエビ入りタリアテッレ。
本場のトリュフは日本で食すものとは段違いに香りが違う。


L1140644.jpg


満腹になったらコモ湖まで、暴走運転。


どこで見ても花火は美しい!!楽しい!!


こんなのや、、、。


L1140673.jpg


こんなの、、、。


L1140677.jpg


L1140685.jpg


こうしてイタリアの夜は更けていくのであった、、、。


明日はジルのメンズとレディース、早く帰って寝よっと。

今日の晩ごはん
2011.06.25

結局、ドルガバのコレクションが良すぎてオーダーに10時間もかかってしまった。
ここ数シーズンで最高の出来だと思う。

よって、お腹はベコベコ。


前菜はシシリー産手長エビのカタラーナ。
























プリモピアットはイカのラグーソースをからめたキタッラ。



























太り過ぎなのでセコンドはパスして、ドルチェ。
今夜はソルベットリモーネ。

お口はスッキリ、初恋の味、、、なんちゃって!













-- iPhoneから送信



BUON GIORNO!
2011.06.24

今日のミラノは快晴。

気持ちイイ!


これからドルガバ。





-- iPhoneから送信

ミラノ着
2011.06.24

家を出てからかれこれ21時間半でミラノ到着。


その昔、アンカレッジ経由では富山を出てから35時間以上かかっていた。

着いてホッとしたのもつかの間、タクシー待ちの長ぁ~い行列。





-- iPhoneから送信

ここまで。
2011.06.24

朝6時に家を出てからここまですでに19時間。

こちらローマ時刻は夕方8時。

夏は10時半ころまで明るい。





-- iPhoneから送信

ローマ着
2011.06.24

ローマは真夏の様相。


ターミナル内のバールで、一息、、、。






-- iPhoneから送信

搭乗
2011.06.23

キャビン。

こんな画像見ても面白くもなんともないでしょうが、ぼくもすることがありません。とほほ






-- iPhoneから送信

成田
2011.06.23

ウェイティングラウンジから外を見る。


空はどんより。






-- iPhoneから送信

移動時間
2011.06.23

これからヨーロッパ出張。

ミラノへのダイレクト便が満席なので、ローマ乗り換え。

さて何時間かかることやら、、、。





-- iPhoneから送信

藤屋御本陣
2011.06.16

藤屋御本陣をご存知だろうか?


長野は善光寺さんを背中にしてメインストリートを下ること100メートル。
素晴らしいホテルがそこにはある。


フロントはこんな感じ、、、ライティングの妙。


P1030122.jpg


手入れが行き届いているにもかかわらず、そんな風には見えない中庭を見ながら夕食。


P1030128.jpg

P1030196.jpg


食後の飲み物やデザートが供されるバーやカフェの内装も素晴らしい。
大正、昭和のインテリアを彷彿とさせる、、、。


P1030124.jpg


P1030288.jpg

P1030261.jpg

料理はそこそこですが、その圧倒的なインテリアは必見です。
食事のみもOK。


ここにあります。


小魚せんべい
2011.06.06

最近はまっているこの「小魚せんべい」。


L1130705.jpg


小魚と命名されているが、これは味付けされて生乾きになった貝柱のみを、熱せられた分厚い鉄板でギュギュッと押しつぶしてある。


こんな。

L1130706.jpg

向こう側が透けるくらい薄く(零コンマ数ミリだと思う)パリッパリしているし、その食感は想像するよりも軽い。
薄さ軽さはぼくの性格並みか!?


ご存知のとおり乾燥貝柱はウマミ成分の宝庫であるから、その香ばしさと相まってヤミツキになる。
どれだけでも胃の中に吸い込まれていってしまうのが、唯一の欠点。


金沢近江町市場や通販でも買えます。
名前とおりの小魚を使ったものを含め何種類かあるらしい。
3袋で1000円です。

Paris
2011.06.05

芸術の都パリとよく言われるが、街のそこかしこにその雰囲気が充満している。
それらは何も高価な芸術品ばかりが幅をきかせているわけではなく、手が届きそうなものであったり、身近な道具などがひっそりとディスプレイされていたり、、、。
デザインに対する意識の高さが感じ取れる。


仕事中、ショールーム間の移動の際にもそんな光景によく出くわす。


L1120608.jpg

クロエへ徒歩での移動中、シャンゼリゼをおりてきたところにある小さなショールームでイタリアのヒストリックカーの展示をしていた。

こんなに古いアルファの名車や、、、。


L1120615.jpg

L1120617.jpg


お約束のチンクエチェント。


L1120612.jpg


これはベルトーネの試作モデルか、、、?


L1120621.jpg


L1120628.jpg


このような催しものをさりげなく演出するのがとにかくうまいし、幼少のころからさまざまな催事を目にするチャンスは日本人よりも格段に多いのはとても羨ましい。


ちなみにこの催事は入場無料でした。

ペルー戦
2011.06.02

昨日のペルー戦。

ザックの思いは攻撃力のアップにあったと思うが選手たちは新しいシステムにとまどい、結果引き過ぎてしまって機能していなかった。


相変わらずフォワードの決定力不足は深刻で、数少ないシュートもゴールポストの内側にすら行かない。
対してペルーのシュートは攻守川島にはばまれたものの、素晴らしかった。


でもね、ザック!落ち込むことはありません。
あなたにはまだ秘策が残されています。


すぐにもU-22代表のグランパス永井を招集すべきです。


彼の一瞬のスピードと突破力はメッシ並み!!と断言しておきましょう。
彼は大物です、間違いありません。


Copyright (C) acropolis co., ltd. All Rights Reserved.