会社概要求人情報プライバシーポリシーサイトポリシー
トップお問い合わせブランドリストショップリスト
ラーメン
2011.03.29

今さら書くなよ!って言われるほど有名なぼくの故郷魚津のラーメン屋さん「山久」。


IMG_1330.jpg


トンコツベースとのことだが、言われなければわからないほどあっさりとした味噌ラーメン。

ぼくのオーダーは決まって「味噌野菜ニンニク入り」。

塩分を感じないのでスープも安心して飲めますし、野菜の火の通りも絶妙、シャキシャキしています。

問題はお昼時の行列。
まぁ、10人前後は待っているかも?
でもそのいいかおりを嗅ぎながら、ひたすら待つのです。


異常気象のこんなに寒い3月、いただくと心から暖まりますよ!

気のせい。
2011.03.28

毎度出てくる保安院の解説者が加藤茶の弟に見えるが、きっと気のせいだ。


なぜって、お兄ちゃんはあんなにカマない。

辟易
2011.03.25

ACのCMも見飽きたけど、もっと辟易しているものがある。


被災地や被災者に対するお約束的な美辞麗句。


汚染されたホウレンソウなんか誰も買わないクセに、、、。


こんなのを韓国女性風に言うと、
「アナタ、クチチョコレート、ココロレイゾウコ」となる。

なんのコメントも出さずに10億円を送ったユニクロ社長がなんともカッコいい!!

長友変身
2011.03.25

20110322-957152-1-L.jpg

チャリティマッチ出場のために帰国した長友の変身ぶりを見よ!
もう春物。
首にはお約束の巻き物。

まだまだパーフェクトとまではいかないが、日本にいた頃の彼のファッションからみれば大きな進歩がそこには見てとれる。
洋服屋のぼくとしては、たいへんうれしい!


イタリアとは、ミラノとはファッション感度を高める、そんな町だ。
街中はもちろん、サッカー選手のオシャレ度も高いからそこからの影響も大だろう。


中田もイタリアへ行ってから大変身を遂げたと思うが、ぼくの大好きだったシュンスケだけは例外か!?


ナニやってたんだろうね、、、?
プレーとファッションはなんの関係もないけど、ちょっと不思議。

BETA
2011.03.23

政府のお役人たち、民主、自民党の幹部たちはみんな仲良く作業服姿。


あんなに国会ではもめて、政策では何ひとつすり合わすこともできなかったのに、作業服ではみんな仲良し。


放射能が怖いから東北方面になんかぜったい行かないのに、作業服。


東京から一歩も出なくても、みんなで仲良く作業服。


こんなのをベタBETAといいます。


いっそのこと放射線防護服を着たらいい。


こんなことでだまされません。

原発の至近距離で作業している人々に敬意を表します。

自慢話
2011.03.22

L1120086.jpg


3月6日のサンシーロでのサッカー観戦の翌日、ミラノリナーテ空港からパリへの移動日。
またまたエトォと出くわした。


最初に声をかけたのは彼。

搭乗前。


ETO'O  「チャオ!」
BOKU  「ちゃお!覚えていたの?」
ETO'O  「もちろん! 前回も同じフライトだったよね。」


先に搭乗して着席していたらエトォが乗り込んできた。

boku   「昨日スタジアムで君の2ゴールを見たよ!!おめでとう!!」
ETO'O  「ありがとう。」


我々の会話を聞いていた後部座席の乗客たちから一斉に拍手がわき起こると、エトォはちょっとシャイな笑顔。

boku   「昨日初ゴールしたよね長友。」
ETO'O  「いいヤツだ。あのスピードはすごい!」


ETO'O  「君のコート、カッコいいね。どこのブランド?」
boku  「ブルネッロ クチネッリっていうんだ。」
ETO'O  「どこで買える?」
boku   「ミラノだとヴィアスピーガにお店がある。」
ETO'O  「行ってみるよ。」

降機後、歩きながら。

boku   「チャンピオンズリーグもあるし、たいへんだね?」
ETO'O   「でも、コンディションに問題はないよ。」
boku   「それにしてもステキなバッグだね!」
ETO'O   「ありがとう!ワニが好きなんだ。」


boku   「フォルツァ、インテル!!」
ETO'O   「グラシャス!!」   

 と言いながら、シャルルドゴール空港の雑踏の中へ消えていった、、、。


 彼はバルセロナが長かったせいかスペイン語の方が得意そうだったし、つたないぼくのイタリア語と英語のミックスでの会話だったが気持ちは通じたと思う。

セリエAは昨日の試合でミランが負けインテルが勝ったのでその差は2ポイントまで詰まってきた。
 
当分、目がはなせそうにない。

建家??
2011.03.22

皆さんももうすでに何度も耳にしているであろうこの「建家」。


原発の事故の経過発表の際に専門家も枝野官房長官もこの「建家」という言葉を頻繁に使う。


ぼくは58才にして始めて目にした言葉のような気がする。

これ、蓮舫議員のように言うと、
「建家じゃないといけないんですか?建物ではダメなんでしょうか?」

辞書で調べても確たる違いはないような、、、。
摩訶不思議??

New Apple ?
2011.03.18

P1150528.jpg

アップルの新Mac Book 発売か?


いいえ、エアフラの機内食弁当箱でしたぁ〜〜〜。

P1150526.jpg


デザイン先進国は、こういうものにも徹底的にこだわります。


日本はまだまだ、って感じがします。

Compleanno di ITALIA.
2011.03.18

昨日3月17日はイタリア共和国(王国)の建国記念日だ。
すべての仕事はお休み。


L1110536.jpg


あれだけの歴史や遺跡を有する国だけど、建国以来たったの150回目の誕生日を迎えるにすぎない。


ちょっと不思議な気もする。


経済や首相の問題やらで悩み多き国家にも見えるが、なんのなんの国民はなかなかしたたかな側面も持っている。


ぼくの大好きな国、イタリア。


誕生日おめでとう!!

羽田空港
2011.03.16

ミラノから成田に到着し、順調に羽田空港まで着いたのはいいが、この混雑ぶりはどうだろう⁉




-- iPhoneから送信


こんなに混み合っているのは、ちょっと経験がない。


時間に余裕があったからいいが、チケット購入に40分。

今、保安検査場に並んでいるがさて何分で通れるか?

今日も雨のミラノ
2011.03.15

今日帰国するぼくの気持ちを表しているかのような天気だ。





-- iPhoneから送信



地震災害は想像を絶する甚大な被害をもたらしているようだが、ここヨーロッパでもニュースはその話題でもちきりだ。


この被害から立ち直るのは並大抵の努力ではなし得ないのだろうが、イタリア人からもフランス人からも同様のコメントが返ってくる。



「日本人のあの精神力の強さはいったいどこから来ているんだ。」

「女性や子供たちのあの元気さには、ほとほと敬服する。」


「イタリア人だったら、もう国は全滅、立ち直る気力もないからどこかの国へ移住するだろう。」

などなと、、、。


我が国のいや我が国民の強い精神力を称賛するものが、圧倒的だ。


自国内にいると感じないことも、海外にいるだけでわかることがある。



日本国民、まだまだ捨てたもんじゃない。








今日のミラノ
2011.03.13

日曜日だっていうのに、朝から雨。


ちょっと憂鬱。








-- iPhoneから送信

今日のパリ
2011.03.09

だいぶ春めいてきた。


バスティーユより。


-- iPhoneから送信

初ゴール
2011.03.07

試合開始までに二件の仕事を片付けて、やって来ましたサンシーロ。






やってくれました、我らが長友!
初ゴォール!







もうすでにミラノっ子にもすっかり気に入られているようで、大声援の嵐!


あのスピードは、イタリアにあってもなお出色です。


試合終了後、ジルサンダーショールームへ。

あぁ、しんど。



-- iPhoneから送信

ミラノ着
2011.03.04




搭乗してからおよそ12時間。


ミラノ着。
気温は二度。
富山とさほど変わらない。


高速は相変わらず渋滞。





-- iPhoneから送信

2011.03.03

昨日から雪。

すっかり雪化粧した富山空港から、出張。






-- iPhoneから送信

Copyright (C) acropolis co., ltd. All Rights Reserved.