会社概要求人情報プライバシーポリシーサイトポリシー
トップお問い合わせブランドリストショップリスト
お祭り
2010.05.31

今日から三日間、富山市内ではもっとも大きな規模の山王祭りがとりおこなわれます。

P1090041.jpg

立派な、これはやはり御神輿というのでしょうか?
担ぎ手はいなくて、ダイハチ車のようなものの上にのせて運びます。

P1090048.jpg

こうやってアーケード街を練り歩きます。

露店の準備も着々と進んでいて、お祭り好きな性分からか気持ちの高揚を押さえることができません。

いくつになっても、まるで子供のようです。


iPad
2010.05.29

待ちに待ったiPadが手元に届いた。


P1090008.jpg


iMacと同期中のMy iPad.
(デスクの上をもう少し整理しないと、、、)


P1090010.jpg

ちょっとハマりそうな予感。


今夜はアプリさがしに没頭します。

INTER MILANO
2010.05.25

インテルがお見事!!
UEFAチャンピオンズリーグでバイエルンを下し優勝しました。


その熱狂ぶりを伝える YOU TUBE です。


熱狂的なインテリスタが、ミラノの中心部を横切る ブエノスアイレス大通り で大暴れ中の画像です。


このような時、日本では歩きですが彼の地では車です。
クラクションが一晩中なり響き、それは早朝まで続きます。


ちなみにミラノ在住のなっちゃんからは、夜もろくすっぽ眠れなかったというメールが届きました。


ミラニスタのぼくとしては、ちょっと複雑な気持ちです、、、。

あと出しジャンケン。
2010.05.24

口蹄疫問題がかまびすしい。


結果だけを見れば政府が一番悪い!
だがしかし、さてその経過はどうなんだろう?


ぼくが疑問に思うのは、


関係筋は強力な感染力を知っていたのか?
その病気が発覚した際にマスコミや評論家はあの強力な感染力について報道をしたか?
また、所轄官庁の官僚達は政府にどのようなアドバイスをしたのか?

などなど、、、。


いつも問題が広がったり被害が重大になってからしか攻撃できないマスコミや評論家の大先生たちのさながら「あと出しジャンケン」振りはお見事と言うしかない。


さも自分たちは当初からその事の重大さを知っていたかのような賢ぶった口ぶり、、、。

そして相も変わらず、対応が遅れた当事者たちへのこれもお見事なイジメ振り。


強力な感染力を以前から知っていたかのように報道するマスコミや評論家の先生さま方!
何故に政府や宮崎県へ一刻も早いアドバイスを差し上げなかったのですか?

「このままにしておくと、感染が広がって大変なことになります!!」って、誰ひとり言っていませんでした。
で、後で「対応が遅いしなっていません!!」って偉そうに解説する。
そんなこと無知な私だって言えます。

マスコミに従事される皆さま、あと出しジャンケンは、もうやめにしませんか?
そんなに言うなら、たまには結果を予見してみてはいかがでしょう?


宮崎県の畜産農家の方達の途方に暮れる姿には心が痛みます。


あっ、そうそう他にも被害者がいますね。
佐藤製薬です。
ユンケル黄帝液、きっと売り上げに影響が出てるに違いありません。

陸の孤島!!!
2010.05.24

今夜もう間もなく、日韓戦がキックオフ。
ワールドカップ直前ということもあって、かなりの高視聴率を稼ぐことだろう。


だがしか〜し!!!ここ富山では見ることができない。
今夜の試合は地上波テレ朝のみの放送なのだが、テレ朝をキー局とする民放が富山に存在しないからだ。
このあたりでは、福井と富山で見ることができない。
何が情報化社会なんだ!!と八つ当たりしたくもなるというものだ。
不公平感きわまりない!!


ぼくなんてWOWOWもスカパーのサッカーセットも契約してるというのに、、、。
(関係ないね)


富山ではケーブルテレビでテレ朝契約をしていれば見ることができるが、地元経済界のお偉いさま方の設立会社なので恐れ多くて契約していない。


よって、友人に録画を依頼するか画像が悪いのを我慢してPCで見るしかぼくには残された道がないのである。


そもそもここ富山に民放が3社しかないのが諸悪の根源←(おおげさ)なのであるが、それにしてもこのド田舎ぶりはいかんともしがたい。


存在する民放3社もあんなクダラナイ番組を流すくらいなら、なんとか放送できるように努力しろっちゅうの!!←無理だよね!!


フレンドパークや阪神Xロッテよりも見たいっていうのは、ぼく普通でしょ?

追い越し車線
2010.05.18

ここ富山は運転マナーが非常に悪い。


私、ぼくだけの道路です!みたいな運転がはびこっているし、片側2車線の右側は追い越し車線だということすら知らないドライバーも多い。


今日もそのケースに遭遇した。
片側3車線、50キロ制限(これもどうなん?)の道路の一番右追い越し車線を40キロくらいでノロノロ走行する車。
しかたがないので左から追い抜くと、ドライバーは40代と思しきオバちゃんが携帯電話をいじくりながら運転。
日常茶飯事の光景ではあるが、こちらは特段急いではいなくてもストレスがたまる。


右左折時のウィンカーを出すのも遅いし、信号が変わってからというのも珍しくない。
片側2車線で右折指定がないのに遅く出すから、その後ろでたまる。


右折といえば、道路のド真ん中で右折を待つから左側が通れなくてそこで渋滞も起こる。
もうほんの少し中央線に近づいてくれれば左側をスイスイ行けるのに、、、。


あまりにも自分勝手な運転に辟易している毎日だ。


みなさんも経験している運転免許証更新時の講習。
あれ、もう少しなんとかならないんでしょうか!?
いつも見せられるのは飲酒運転やスピード違反による悲惨な写真やビデオばかり。
ぼくくらいの年齢になるともう見飽きてしまっているし、普通の人間ならば言われなくてもわかりきっている常識だろうと思う。
国民(ドライバー)を子供扱いするのもいかげんにしてもらいたい。


そんなこんなビデオよりも、交通マナーやちょっとした回りへの心遣いなんかをもっと講習に取り入れるべきだろう。
今現在起きている交通渋滞のかなりの部分が緩和されるんじゃないかと、本気で思う。

車産業あるいは車なくして日本経済のここまでの復興はなかったことと思う。
がしかし、広い意味でのモータリゼーションが未発達であることもまた事実で、これらはお上による行政にも多大な責任があることは否めない。
(日本の交通行政に対する疑問や不満はまた次回。)


P1010361.jpg


その点では、やはりヨーロッパの人たちの運転はわれわれよりもず〜〜っっと大人だ。
高速道路の片側3車線、追い越し車線は早い。
トラックが外側以外の車線を走っている光景をまず見ない。

運転に歴史を感じる、といえば少々おおげさだが、彼らの運転を見ていると親から子へ、子から孫へ、、、運転マナーが受け継がれていっているように思えてならない。


子は親の鏡、、、そう、子供たちは親、大人の運転を見ているに違いないのだ。
そんな意味でも、未来のドライバーたちの見本となるような運転を心がけたいとつくづく思う。

世界の本屋さん
2010.05.08

2008年に英ガーディアン紙が世界の本屋ベスト10を選んでいる。


日本からも1店舗選出されていて、京都は一乗寺にある「恵文社」。


ぼくも行ってきました。
外観は、今では郊外店に押され気味で少なくなってしまった町中の古い本屋さんのたたずまい。
期待が大きすぎるとちょっとガッガリするかもしれないが、趣味性の強いジャンルのセレクトは凝っていてなかなか興味深い。


写真、旅行、ファッション、料理、絵本、少々オタッキィーな小説などなど、、、、。
本好きのぼくとしては2時間は遊べそうだったが、時間も限られていたので数冊を購入して退散。
今どきの雑貨も販売されていたけど、本のセレクトほどのものではない。


選出されている他の9店舗、ご覧になりましたぁ?
世界にはとんでもない本屋さんがありますねぇ、、、。
行ってみたいものです。


出張の度に買い込むが、本の一番の長所でもあり短所でもあるのはその重量でしょうか?
オーヴァーウェイトにハラハラドキドキ。
とは言うものの、appleFanの私ですがi-Padで本は読みたくありません。
一枚一枚ページをめくる所作、適度な重さ、紙の質感とインクの臭い、積んである光景、、、そして経年による日焼け。
エコ的な観点はこの際無視したくなるほど、デジ本にはない魅力が紙の本にはあると思います。
 

i-Padじゃ、落書きもできないですもんねぇ、、、。

こどもの日
2010.05.01

5月5日はこどもの日。

子供がすくすくと育って欲しいというのは、親の共通した願いだろう。

弊社店舗にも五月人形が飾ってある。


P1080695.jpg
 

このような甲冑セットだが、今ちょっとしたブームらしい。


P1080696.jpg


和洋折衷といった感だが、東西のクラシック同士なかなかさまになっている、と一人悦に入っている。

Copyright (C) acropolis co., ltd. All Rights Reserved.